2018年春高結果と埼玉県新人大会

・2018年春高の結果 
今頃~?ですが、一応、記録させていただきます。

男子埼玉栄にしても、女子細田学園にしても非常に悔しく、惜しい敗戦。
負けるときは、ボッコボコにやられて負けた方がスッキリすると思うんだけど。

埼玉栄は王者鎮西に善戦でしたから。

細田学園は完全に地に足がついてない感じで100%のチカラが出し切れなかった感じ。
組合せ的にもいいブロックにいただけに初戦敗退はイタかった。。。

3年生はホントに悔しかっただろうに。
。。。

・2018年埼玉県バレーボール新人大会組合せ決まる 
第30回埼玉県民総合体育大会兼埼玉県高等学校男女バレーボール新人大会いわゆる新人戦の組合せが決まりました。

・ポイント(女子のみ)

 > インハイ予選で3年生が引退するチームと
   春高予選まで3年生が残るチームとで準備期間が違うこと。
 > 春高予選でベスト8のチーム半数が2年生主体チームであること。

  2年主体
   春日部共栄、花咲徳栄、狭山ヶ丘、大宮東
  3年主体
   細田学園、正智深谷、埼玉平成、市立川越

 > 春高予選後のローカル大会で、春高予選ベスト4の大宮東を抑えて
   聖望学園が優勝したこと。
 > 聖望学園が新人戦ブロック予選でも市立川越から1セット奪っていること。
 > 女王細田学園は春高出場で新チームの調整時間がひと月もないこと。
  (それでも昨年の新人戦は同様の条件で優勝している)

上記を踏まえて今回の組み合わせを眺めてみると非常に面白い組合せと思います。

>>組合せはコチラ

ちなみに、新人大会で使用されるボールは2017年度と同じです。
 男子:モルテン
 女子:ミカサ